誰も悪いとは言わない。問題に目を瞑ることは辞めたい。

企業も団体もしっかりと向き合って確認することは悪いことではない。

問題が無いと言い切るなら企業としての責任は問われる。

少なくとも、カーボンブラックには発ガン性が有ると国際化学物質には分類されているのです。

https://note.mu/asjapan/n/ne76c7f63ef93