加水分解と気化熱を利用する。
バラバラ向きの人工芝に、水捌けの良い基布に、グルグル巻きのヤーン(芝糸)

発想は逆手に取ることから生まれる。

土のグランドに変わるのが、天然芝のグランドであり、その天然芝に変わるのが人工芝だと思う。

天然芝の維持管理には、相当な気遣いが必要だ。お金もかかる。
天然芝の上に寝転がるのは気持ちが良い。冷んやりして気持ちが良い。
草の香り、土の匂いが気持ち良い。

少しでも近づけてみたい。

天然芝に変わる人工芝はどうだろうか?
熱くて、嫌な石油の匂い。
そして硬い。夏場はサウナ状態。
日本人はメンテナンスが嫌い。
人工芝のグランドも天然芝のグランドのように愛着を持って欲しい。

誰が始めたのか、とんでもないアスファルト舗装。アスファルトにはアスファルトの使い道がある。道路工事業者はスポーツのことは全く知らない。発注されたらやるだけ。仕事だから。良し悪しなど分からない。当然悪気もない。

人工芝の施工が楽。できた時だけは綺麗に見えて、お金も取れる。

アスリートには最悪。スポーツ選手はたまったもんじゃない。

間違った文化は変わるべき。
スポーツの指導方法もだいぶ昔とは変わった。
そろそろ施設も変わるべき。

クラブハウスが欲しい?なら簡単だ!
要らないものを止めればいい。
スポーツ文化が求めるのは、アスファルトやコンクリートより、クラブハウスだ。

愛着が持てないのは、そう作られていないから。

愛着の持てる人工芝のグランドを作る。
土の匂い、草の香り。冷んやりして柔らかい。

天然芝に負けない芝。天然素材の充填材。

どうせなら天然芝に負けない、人工芝のグランドを作る。冷たい風が吹き抜ける。

冷えるグランド。6000万のクラブハウスが付いて、1億円。
価値ならそっちに思う。

もちろん特許。

株式会社AS japan
03-6721-8519