「Jリーグにご意見」

ハイブリッドは危険!なぜハイブリッド人工芝を採用するのか?

10年前にイタリアの人工芝の会社からハイブリッド人工芝のセールスを受けたことがある。

色々と検討したが取り扱いを辞めた。

当時は日本の気候には難しいと考えたから。

ハイブリッド人工芝は天然芝の根に人工芝を絡ませて強度を高めるものです!

そもそもはラグビー競技など天然芝を荒らしてしまう競技のために考案されたもの。

競技者の足は天然芝でも人工芝上でもある意味滑ることによって怪我から守られている。

ラグビー競技の場合は天然芝の長さは約3cm〜4cmと長く、ハイブリッド人工芝の根にスパイクのポイントが絡むことは無い。

しかし、サッカーとなると話は別。芝の長さは1cm〜1.5cm。

ハイブリッド人工芝で根を強くした場合は滑りが無くなる。プロ選手がその上でプレーなどしたものなら、大変なことになる。

ラグビーでも大丈夫ではなく、ラグビーだから大丈夫なのです。

イタリアやスペインなどではサッカーでの使用をやめた今、なぜハイブリッド人工芝が採用されてしまったのか?

来年のJリーグは怪我人が続出しそうだ!