こちらの写真にあるのは、中国CCG glassという会社の製品です。

カインズホームという大手のホームセンターや庭芝業社などで扱われる製品です。

中国の通販サイトのアリババなどでも購入可能です。庭芝用で1平米当たり、300円〜500円くらいが相場です。

中国には何百もの人工芝の工場があります。

本当に製品はピンからキリまで。
ランドスケープ用からスポーツ用人工芝。
中国国内向けや、海外向けのOEM製品。

中国国内向けと、海外向けOEM製品の品質は全く違うものです。

1番怖いのが、FIFA認定工場を謳う製品。

FIFA認定というものは、人工芝製品そのものをFIFAのラボテストを受けて合格した製品をいいます。
対象は45mm以上のロングパイル人工芝です。

信頼度の高い大手企業が「知りませんでした。」では済まない話しです。

最近、こうしたFIFA認定工場を謳う製品や販売店が非常に多くなりました。

残念です。

言葉巧みな宣伝広告は確かに沢山あります。やはり、しっかりとした知識を持つことが大切です。

AS japanのスポーツ施設作りサロン。
無料開放しています。

世界中のスポーツ施設作りから、関連商品まで、全て公開しています。

東京都渋谷区富ヶ谷1-16-10
VERDE VISTA202
03-6721-8519