日本に於るスポーツ施設の場合はどうでしょうか?

例えば人工芝のグランドはどうでしょうか?
スポーツ先進国でもある欧米や、アジアの中でもスポーツに熱心な国、韓国や中国と比べてどうでしょうか?

アスファルトやコンクリートの上には人工芝のグランドを作らない欧米諸国。
危険とされる黒ゴムチップは使わない欧米諸国に韓国や中国。

今や、国内で生産された黒ゴムチップよりも、多額の費用をかけてヨーロッパから輸入しても更に安い黒ゴムチップ。

一応製品とは言うものの、明らかに産業廃棄物。真夏には60度近くまで気温が上昇する人工芝のグランド。目には見えぬども舞い上がるカーボン粉末。
喘息の子供には特に最悪。

何の規制もない日本での使用は大丈夫?

なるべくなら、やはり使いたくない。
規制が無いにしても、危険性が高いのは明らかに思う。

気温上昇が少なく、ボールの走りも滑らか。怪我のリスクも少ない、天然椰子素材の人工芝充填材geofill。
AS japanのオリジナルスポーツ人工芝充填材。

世界でも高品質のスリランカ産椰子素材を原料にして特殊加工。
黒ゴムに比較するとまだまだ高め。1kg当たり130円と、黒ゴムチップの倍くらいにはなりますが、健康的なグランド作りには欠かせない。

この自然素材を加工する工場プラントを建設計画中。黒ゴムチップ以下の価格での販売を目標にしています。

この自然素材椰子の実充填材を使用したgeofillを採用した人工芝グランドは、岐阜県垂井市キャプテン翼スタジアムと埼玉県上尾市ACアスミサッカークラブグランドがあります。

株式会社AS japan
03-6721-8519