今ローマに着きました。時差ボケで眠いです。

少し長くなります。最後まで読んで頂けたら幸いです。そして多くの方に伝えていただけたら幸いです。

先に、ワールドカップ日本代表お疲れ様でした。ベルギーがブラジルを破った結果を見ると、少し残念な戦い方をしたような気がします。

賛否両論あったロシア大会の日本代表でしたが、選手は目一杯力を出した結果だと思います。

スポーツに限界はありません。常に記録は更新し技術も進化し続けています。

日本サッカー界にも色々ありますが、大きな壁を越える為には何が必要か、そろそろ何かを、ダイナミックに、変えていかなければならない時期なのかも知れません。

世界の後ろ姿を追いかけてばかりいては、いずれアジアのサッカー新興国にも追い抜かれます。

ワールドカップ優勝は程遠い夢物語で終わってしまいます。

本題です。

ここ数年来、教育格差がよく叫ばれていますが、それ以上に深刻なのが、スポーツ格差だと思います。

裕福な家庭の子どもが、より良い環境や優れたコーチの下でまなび、金メダルを取る。サッカー選手や野球選手になる。環境の充実は、普通の家庭ではなかなか難しい。

比較的に、低料金で参加できていたスポーツ少年団の指導者も高齢化し、新興のスポーツクラブが整備されつつあるものの、やはり土地を借り、環境を整えるとなると、クラブ会費は自ずと高額になりがちです。

こうした傾向は、土地需要の多い都市部ではその傾向が顕著です。

学校の給食費でさえ払う事も難しい家庭も有る。或いは、スポーツにお金を費やす余裕などない家庭もある。

そうした事実があるならば、未来の地域の為に子どもたちにスポーツをする機会を作る必要がある。

学校の校庭が使えない。近所の公園でもスポーツは危険だとして禁止。

子どもたちの居場所が無い。

無料のスポーツクラブはじめます。

とりあえずサッカークラブから。

サッカーに限らず、野球、テニス、バスケ、ありとあらゆるスポーツクラブに既に参加している子ども。全くスポーツ経験の無い子ども。全て受け入れます。

野球をやりながらサッカー、バスケをやりながらサッカーもできる、そんなクラブです。

無料だからと言って、指導が適当ではありません。無料だからこそ厳しく、プロ経験者やプロコーチがしっかり教えます。最新の機器を導入した育成を行います。

子ども夢スタジアムとはこんなところ。

夢スタジアムを支えるのが企業です。

この構想に賛同していただいた企業からの支援。そしてこのスタジアムを利用していただいた皆さんの施設使用料が子どもたちの無料スポーツクラブを支えます。

夢スタジアムは子ども専用のスタジアムですが、多目的にも利用できます。70メートル×90メートル程度の人工芝ピッチの周りにスタンドが有ります。

より身近に子どもたちのプレーを観戦出来るスタジアムです。

スタジアムですので、大会使用の場合は子どもの試合でも、入場料を頂きます。

ご父兄や一般の観戦者からも入場料を頂きます。(300円〜500円程度)その入場料はクラブや子どもたち、みなさんに還元されます。

例えば、大会は解説付きでビデオ収録されます。最近のカメラシステムを駆使して、スタッズデータまでもが記録されます。

子どもたちの育成に役立つ他、これまでのように、親御さんがビデオや写真を撮る必要が有りません。

収録CDを差し上げます。

子ども専用のスタジアム計画は各地で建設が既に予定されています。

まず、大阪で第1番目のスタジアムが8月着工します。

クラブの練習。高校、大学、社会人のトレーニング施設としても使えます。

是非利用してください。子どもたちの無料スポーツクラブを支えてください。

イタリア、フランス、スペインで同じような構想がスタートします。

韓国、中国などからも参加して、子どもワールドカップを開催を計画します。

既に多くのスポーツ関係者、Jリーグクラブからのお声掛けをいただいてます。

とても有り難いことです。地方の自治体からのお誘いも有り難いお話です。

今回は、賛同協力していただける企業様と同時にリリースする予定でしたが、私なりの考えもあり、先立ちまして、この場を借りての報告となりました。

まだまだ多くの企業の力が必要です。協力していただける個人、クラブも必要です。

みなさんの忌憚の無いご意見も求めます。ご理解いただき拡散していただけたら嬉しいです。

最後まで読んでいただきありがとうございます。