天然芝でサッカーをするのが夢だった頃、やっぱり芝の上でのプレーは楽しい。大人も子供も!

本当は天然芝のグランドがいい!

天然芝のグランド維持にはお金がかかるし、使用頻度が限られる。

そんな中で登場するのが人工芝。人工芝を検討される中で、必ず質問されることがある。

1.路盤はどうすればいいですか?2.人工芝は何年保ちますか?

間違いが常識化されてしまったせいだ!

今までは土の上でサッカーが出来ていたのに、人工芝にした途端にコンクリートが必要になるのか?

天然芝の下はコンクリート?そんなものがあるはずが無い!

プロがプレーをするスタジアムだって雨が降れば、ところどころに水溜り。

大金をかけて作った人工芝のグランドも然り。所詮人間の技術は自然の力には遠く及ばない。

うねりや凹みは地中深くにあるもの、癒されるのはほんの僅かな期間。その為に莫大な資金を投ずる必要は無い!

10年は保ちますなんて言われて安心したのだろう!売るためには嘘も平気だ!笑

人工芝は消耗品!上手く使えば15年だって保つし、頻度が高けば5〜6年で駄目になる事もある!

使用頻度が高く5年6年で駄目になるってことはそれだけ元を取ったって事だ!笑。

あーやらないと、こーしないと駄目と言われ、高額施工をすれば無理して10年は使いたくなる。

人工芝なんて本来は数年で張り替えてどんどん状態の良いものを使用するべき!

使用した人工芝は地域のクラブに無償で提供して!そんな流れが欲しい。

土の上だってFIFA公認が取れるんだ!説明するよりも一見!それが理由。

素人が作ったFIFA公認ピッチでサッカー、スポーツを楽しんでください!